さらば愛しきカブトムシ!VWビートル、ファイナルエディション発表

フォルクスワーゲン ビートル ファイナルエディション
VOLKSWAGEN ANNOUNCES BEETLE FINAL EDITION

※リンク先はアメリカVWなので英語です

2019年7月に生産終了となるフォルクスワーゲン ビートル。
こどもの頃から「人生最後の車はビートル!」と思っていたのに、自分の人生が終わるよりずっと早くビートルの生産が終わってしまうことになりました。

アメリカで販売されている最終モデル「ファイナルエディション」には2.0リットルTSIエンジンを積んだクーペとコンバーチブルが用意されている様子。
カラーは写真のサファリユニ(ベージュ)、ストーンウォッシュドブルー。それとピュア・ホワイト、ディープ・ブラック・パール、プラチナ・グレー。

ファイナルエディションのクーペSEにはサンルーフが標準装備。上位モデルSELにはサンルーフに加えてバイキセノンヘッドライト、デイタイムランニングライト、LEDテールランプを装備。価格はSE 23,045ドル、SEL 25,995ドル。
ファイナルエディションのコンバーチブルSEは上記ボディ5色にブラックの幌。27,295ドル。
コンバーチブルSELは幌がベージュ・ブラウン・ブラックの3色あって、価格は29,995ドル。
http://www.vw.com/

ベース車両が日本で販売されていないモデルなので、残念ながらファイナルエディションは日本で発売されないかもしれません。

ビートルの最終モデル欲しいけど、車を何台も持てる身分じゃないしなぁ。
コンバーチブルいいなぁ・・・

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP