夕焼け空と松尾芭蕉

写真

松尾芭蕉

雨上がりの海。
夕暮れ時の空がきれいなオレンジ色に染まっていました。
飛んでいる鳥が、どことなく世紀末の雰囲気を醸し出していて笑えます。

この芭蕉像が向いている先には佐渡島。
ここ出雲崎を訪れた松尾芭蕉が「荒海や佐渡によこたふ天の河」という句を詠んだそうです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP